【失敗も怖くない】30代でセミリタイアしたわたしの職業は看護師

こんにちは、週休5日の隠遁生活をしている看護師もなかです!

近年注目されているセミリタイア。「会社に縛られて一生を終えたくない!」と感じている方も多いのかもしれません。

わたしもそのように考え、数年前からセミリタイア生活を送っています。そして日々を送る中で「看護師免許ってセミリタイアと相性抜群じゃない⁉︎」と感じることが非常に多いです。

看護師免許さえあれば「セミリタイア失敗」の可能性はかなり低くなるとも思っています。

今回は「看護師免許はセミリタイア生活の強い味方」である理由と、「セミリタイア失敗例」は看護師免許で乗り切れるのかを考えていきます。

「セミリタイアを目指しているけど、どんな仕事が合うのかが分からない」と悩んでいる方の参考になると思います!

看護師免許をうまく活用できずに、疲弊してしまっている看護師さんへのヒントにもなれば嬉しいです!

そもそもセミリタイアとは?

セミリタイアには色々な定義がありますが、一般的には「フルタイムの仕事を辞め、週1〜2日程度ゆるく働いて生活する事」と理解されています。

収入は減りますが「自分の時間が増える」「毎日嫌な仕事にいく必要がなくなる」などのメリットがありますね。

しかし「週2日の労働だけで生活する」というのは、経済的になかなか難しいと思います(超節約生活や、高時給のお仕事をすれば可能ですが)。 そのためしっかり貯金を貯めたり、株や不動産などに投資をしてセミリタイアする方も多い様です。

わたしもセミリタイアに向けて、コツコツと株やリート(不動産投資信託)などの資産を買い続けました。 現在はそれら資産からの収入と、週に2日程度の看護の仕事で生活をしています。

せっせとお金を運んでくれるこびとさん、非常にかわいいですよ^ ^

のんびりと好きなことが出来る今の生活にも満足しています。

スポンサーリンク

看護師免許はセミリタイア生活の強い味方

株などの資産をコツコツ増やしてセミリタイアした私ですが、自分の一番の資産は「看護師免許」だと思っています。

看護師免許さえあれば「セミリタイア失敗」も怖くはありません。

不況も暴落もかかってきなさい!って心境。

その理由をお伝えしていきますね!

全国どこでも仕事がある

セミリタイアするなら好きなところで暮らしたい、と考える方も多いかもしれません。田舎などは特に人気ですよね。

しかし「仕事が無い」という理由で、理想の土地に移住できない可能性もあります。

そんな時、看護師免許が力を発揮します。

看護師であれば、仕事が見つからない事は滅多にありません。

都会でも田舎でも病院や介護施設は必要ですからね。

「いつでも仕事がある」という安心感は、セミリタイア生活の大きな支えになりますよー^ ^

もちろんリモートワークや自分で事業をする事もいいですね!看護師以外のお仕事も楽しいです(わたしも実はいろんな仕事を楽しんでいます)

時給が良い(と私は思っています笑)

地域によって異なりますが、看護師の時給は1,600円〜が相場でしょうか。

東京や大阪などの都会であれば、時給2,000円以上も簡単に見つかります。貧乏フリーター出身のわたしは、看護師のお給料には満足しています。

もちろん普通の時給でもセミリタイア生活は可能です。

しかし、あまりに低い時給だと週2日以上働く必要があるかもしれません。
「全国に求人があり、時給が良い」という看護師免許の特徴は、セミリタイアと相性抜群と言えるでしょう。

働き方が柔軟に選べる

「セミリタイア後の仕事は選び」は悩みどころです。 せっかくフルタイムを卒業したんだから、働く時間も自分の好きにしたいですよね。

そんな時も看護師免許は強い味方。多くの求人の中から、自分に合う仕事を探すことができます。

 子育てをしながら仕事をする人も多いので「短時間のみ」「週に1日だけ」「昼間の空いている時間だけ」「夜勤」など、色々な働き方を選択できます。

つまり看護師免許があれば、セミリタイ生活を自分らしくデザインしやすくなるといえます。

仕事の種類も豊富

看護師のイメージは病院や診療所ですが、その他にも様々な場所で働く事が出来ます。 介護施設、保育所、企業の医務室、障害者施設、看護学校、ツアーナースなどなど。

病院の看護業務が合わなかった人でも、自分に合うお仕事がきっと見つかると思います。

私はツアーナースが好きですね。 こども達を見守りながら旅行ができて、お給料まで頂ける。わたしにとっては最高のお仕事です。

しかし2020年からコロナウイルスの影響でツアーナースの仕事は激減してしまいました、また再開できるといいなあ。

あ、ディズニーランドも求人がありますね。ナースキャストですって、とっても素敵。

…けど今見てみたら「土日を含む週に5日勤務ができる方」となっていました。週に2日で許してもらえないかなぁ笑

応募資格
土日含む週5日勤務ができる方
正看護師免許を有し、病棟での実務経験がある方
2次面接あり
出典;東京ディズニーリゾート キャスティングセンターホームページ

「セミリタイア失敗例」は看護師免許で乗り切れる??

看護師免許のメリットを把握できたところで、ここからは「セミリタイア失敗例」に対して看護師免許はどのくらい対応できるのかを考えてみます。
頼むぞー、看護師免許!

仕事に復帰したいが求人がない

セミリタイアを目指す人にとって、この辺りは最も気になるところかもしれません。

いろいろな事情で、フルタイムの仕事に復帰する必要が出るかもしれません。

そのような場合、長くセミリタイア生活をしている事が再就職に不利に働く可能性もあります。

  • 年齢が上がっている
  • 仕事を離れていたことで、働くスキルが低下している場合がある
  • 休職期間は悪い印象で捉えられやすい

などの理由があるためです。

しかし上記で説明した様に、看護師免許があれば年齢や経験問わず求人がたくさんあります。

「数年間休んでいたら、看護の仕事なんて出来ないでしょ!」と思う方もいるかもしれませんがご安心ください。 最近は潜在看護師(看護師免許を持っているけど仕事をしていない人)の復職支援が進んでいます。

コロナ関連で注目されていたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。 行政や看護協会が、潜在看護師向けの講座を開いていたり、ハローワークでも同様のイベントがあったりします。

❤応援します!職場復帰❤
子育て等でお休みしていて、復職したいナースの皆様へもう一度、看護職として働きたいと思っている。でも・・・
ブランクが長く、知識や技術に不安がある
医療・看護の現場が今どうなっているのか知りたい
自分の働ける場所があるか心配・・・
などそんなあなたを応援する、復職支援研修に参加してみませんか!受講料は 無料です。
出典;東京ナースプラザホームページ 

東京都ナースプラザだとこんな感じ、心強いです。看護師であれば復職も有利な様です

ただし、スキルを再習得するのが簡単だとは言いません。自分や患者さんのためにしっかり学習する必要はあるでしょう。 これはどんなお仕事にでも言える事ですね^ ^

貯金が無くなった

セミリタイア生活では、貯金を少しずつ取り崩す方も多いです。また予期せぬ大きな出費などにより、貯金がなくなる可能性もあります。

これらを完全に防ぐことは難しいですが、ある程度の対策は可能です。 例えば

  • 生活費は労働でまかなう
  • 貯金を取り崩すのではなく、資産所得で生活をする(株や不動産など)
  • 大きな出費用の資金を事前に準備しておく

などがあります。

生活費を労働でまかなえれば、基本的に資産は減りません。しかし、労働時間が増えてしまうと自由な時間が減ってしまいます。

生活費のためにしっかり働いてしまうと、結局セミリタイア生活ではなくなってしまいます、本末転倒(笑)

だたし看護師免許があれば話は別です!

看護師は時給2,000円以上のバイトも少なくありません。 週に2日8時間働くとして、2,000円×8時間×2日×4週=12万8,000円。

皮算用で税金なども考慮していませんが、わたしのように質素な生活をしている場合はこれだけでも生活が出来ます。

これが「時給1,000円」になってしまうと、収入が6万4,000円に減少。さすがのわたしでも苦しいものがあります。

このように貯金を守ると言う点でも、看護師免許が役に立ってくれそうです。

不労所得(資産所得)が無くなった

セミリタイアする場合、不労所得(資産所得)を活用する方も多いです。 多額の貯金だけでリタイアする方法もありますが、それだと生活費で減る一方ですからね。 株や不動産などの資産所得があれば、それらがお金を生み出してくれます。

しかしそれらを失う事も当然あり得ます。

会社が倒産したり、コロナショックの様な暴落で配当金が減ったり、不動産を借りてくれていた人が出て行っちゃったり、震災にあったり…

これらに関しては「看護師免許があれば問題ない!」とは言えませんね。誰であってもダメージを受けます。

そのため 資産を一つに集中しない事が重要です。株だけでなく、債券・不動産・現金に分配するなどですね。「 資産所得以外の収入源も確保する」などの備えも必要でしょう。

ただ、先ほどお伝えした通り看護師があれば「週2日の労働」で生活が出来ます(私のように質素な生活なら笑)

そのため不労所得に頼らないセミリタイアが出来るので、こちらの問題も乗り越えられるとは思います。

実際わたしも週2日程度の労働で生活費は十分。資産所得は楽しく使うか、貯金(または再投資)しています。

自分に価値を感じなくなってしまった…

仕事をする自分に価値を感じる人は多いようなので、こちらの悩みは重要な課題です。 個人差はありますが、看護師がセミリタイアした場合を少し考えてみます。

看護の仕事は、部署にもよりますが「患者さんに感謝してもらえる」ことが多いです。 専門スキルも必要なので、業務を通して自信を持てるかもしれません(うまくいかない事が続くと自信を失いますが笑)。

基本的にはチームの仕事なので、人との交流や自分の役割も強く感じることができます。

これらの事から「正社員」や「管理職」でなくとも、看護の仕事をしていれば自分に価値を感じることが出来るんじゃないかしら。…個人的な感想ですが^ ^

実際わたしは、ちゃんと自分の価値を感じながらセミリタイア生活を送ることができています。(普段から自分にとっても甘い事は内緒)

失敗例から気付く、2つの大切なこと

失敗例を見ていくと、看護師免許でかなり対応できることがわかりましたね(多少強引なところは目をつむって下さい笑)。

それと同時に、看護師免許とは関係なく「これはやっておいた方がいいな」という事にも改めて気づきました

完全なリタイアよりセミリタイアの方がおすすめ

セミリタイアの失敗例は「週に2日くらい働いていれば、だいたい乗り越えられる」というものばかりでしたね。

金銭面だけでなく、社会的つながりや自己肯定感を保てる、などのメリットも強く感じました。 負担のない労働は、セミリタイア生活を豊かにしリスクも減らせます。

これだけメリットが多いと「セミリタイアでは週に2日働かなくてはいけない」と後ろ向きに考える必要は無いですね。 わたしは資産所得だけで生活出来たとしても、きっと週に2日は楽しく働くと思います。

看護師以外にもオススメの資格はたくさんある

そしてお気づきの方もいると思いますが、看護師以外にもセミリタイアに向いているお仕事はたくさんありますね。 わたしは看護師免許を愛しているので、だいぶ偏った記事を書いています笑 ゴメンナサイ

看護師免許の特徴と同じ様に

  • 求人がどこにでもある
  • 一定の給与水準が保障されている
  • 年齢に影響されない

などの条件が揃っていれば、セミリタイアと相性抜群といえます。

わたしは医療職ばかり考えてしまいますが、色々な資格が該当すると思います。 そのほかにもリモートワークを活用したり、自分で事業を持つ方法も素敵ですね。

逆にセミリタイアと相性があまり良くない資格(仕事)も考えておくと良いと思います。 例えば…

  • 時給が非常に安い(週2日以上働く必要が出てしまう)
  • 一部の地域にしかない仕事(暮らす場所を自由に選べない)
  • 時間の自由が少ない(せっかくのセミリタイア生活が縛られてしまう)

などには注意が必要でしょう。

まとめ 看護師免許はやっぱり「人生快適パスポート」

看護師免許はセミリタイアと相性抜群で、「よくあるセミリタイア失敗例」にも対応していける事が理解いただけたと思います。

看護師以外の「セミリタイアに向いた職業」もありましたね。

わたしは看護師・保健師が好きなので、今後も看護をゴリ押します笑

でも、自身に合う方法でセミリタイアをする方がきっと楽しいですよね。 ぜひ色々とご検討下さい、応援しています!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

まだ資格を持っていなくて「看護師って悪くないかも…」と思った方はこちらもご覧ください^ ^

何歳からでも遅くない、お金だってなんとかなる!社会人・主婦・フリーターから看護師になろう

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事