保健師はマイナーな資格なので、どんなお仕事なの?と聞かれることが多いです。

仕事の幅も広いので説明がしにくいのですが、私が小学生に聞かれたときの回答を紹介しますね。正確に知りたい方は厚生労働省のホームページなどをご参照下さい。

    保健師ってなあに?

    名前の通りですよー。

    保つ、守る

    健康

    専門家、プロ

    =健康を保つ専門家です。

    何をしてる人なの?

    「病気を治す人」ではなくて、「病気にならないようにお手伝いする人」です。

    「予防は治療に勝る」という言葉もあるんですよ(ドヤ)

    どこで働いてるの?

    健康に関係する所にいます。

    病院、健診センター、保健所、市役所、地域包括支援センター(お年寄りのなんでも相談窓口)などなど。

    学校や会社にいて、みんなが病気にならないようにお手伝いをしている保健師もいます。

    どうやったらなれるの?

    看護師がさらに1年以上学校で勉強するとなれます。大学で4年間勉強してなることもできます。

    楽しい?

    とっても楽しいですよ(わたしだけかもしれないけど)。みんなも自分も健康になって嬉しいです(タバコを愛する保健師さんもいるけど笑)

    保健師がデータを見ている

    看護師も楽しいけど、保健師の仕事の幅広さも好き

     

    終わりに

    こんな感じで説明をしています。子ども向けだから正確ではない部分もありますが、やっぱりまだまだ分かりにくいなぁ。

    それでもみなさんの保健師への理解が少しでも深まったなら嬉しいです。

    そして「貧乏フリーターから保健師」へと成長したわたしの頑張りを認めてくれたら嬉しいです。

    嘘です、すみません。どんな人でも何かしら努力されていますよね、調子に乗らずに今後もコツコツ頑張っていきます。

    今日もありがとうございました。

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事