2022年度放送大学大学院【選科履修生】に申し込んでみた!ちょっと多めの7科目を選択

もなか
こんにちは、もなか(@monaka_nurse)です!

2022年3月に放送大学の卒業が決まったわたくし(2021年度の卒業生になります)。

現在は早期リタイアして勉強道楽の日々を送っているわけですが、4月からの進路について迷っておりました。

「生涯現役放送大学生」なので「放送大学2週目」もアリでしたが、最終的には大学院を目指すことに。

まずは入学試験不要の1年間コース「選科履修生」で入学し、卒業に必要な単位を積み上げる作戦です。

今回は実際に申し込んでみました!

インターネット出願してみる(スマホで完結)

出願までインターネットで出来ちゃうなんて便利で嬉しい。

しかも選科履修生は証明書類の提出がないため、インターネットだけで全て完結してしまいます(全科履修生は書類の郵送が必要。)

スマホだけでも申し込みが可能で、わたしもiPhone13miniで行いました。

ただ、やっぱり画面が小さくてちょっと大変。

さらに「学生証に使う画像の編集」はかなり面倒に感じました。

でもパソコンもタブレットも不要で、おうちでスマホだけで完結するなんてとってもありがたいですね^ ^

スポンサーリンク

わたしが選んだ科目

大学院卒業には卒業研究以外に11科目(22単位)が必要です。

今学期はとりあえず7科目を選んでみました。

生活健康化学プログラム

  • 生活リスクマネジメント(’17)
  • ヘルスリサーチの方法論(’19)

人間発達科学プログラム

  • 海外の教育改革(’21)
  • 教育文化の社会学(’17)

臨床心理学プログラム

  • 教育心理学特論(’18)
  • 学校臨床心理学特論(’21)
  • 臨床心理地域援助特論(’21)

保健師なので「健康や地域援助に関わるもの」や教育に関わるものを中心に選択してみました。

教育系の科目を履修することで「看護師養成所の専任教員」への道も開かれます(他にも条件があるようです)。

今のところ教員の予定はありませんが、人生の可能性が広がるのは嬉しいですよね。

少し多めの7科目にした理由

1年なので前期4科目後期3科目という作戦も可能ですよね。

しかし放送大学は試験で不合格になった場合でも、次の学期に無料で再試験を受けることが出来ます(一回のみ)。

2度目の受験時には知識も上がっているだろうし、通信指導(宿題のようなもの)も不要。

それらを踏まえ、わたしは1学期目に7科目に挑戦することにしました。

「2回受けるかもしれない」という随分後ろ向きな挑戦ですが笑

いずれにせよ新たな挑戦はわくわします!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事