本場の味を楽しむため、いろいろな意味で話題の令和納豆へ!

今週のお題「納豆」

お題が納豆という事で良い機会だと思い、今いろいろな意味で話題の納豆専門店「令和納豆」に行ってみました(その辺りの事情については今回全く触れません笑)。

行きたいと思ったら翌日には行けてしまうのが、セミリタイア生活の良いところ。収入は多くはないけど、生活には満足です。

納豆も想像以上に美味しかったですよ!

令和納豆とは

納豆の本場である茨城県水戸市にある納豆専門店。

クラウドファウンディングで「一生涯無料パスポート」をお礼の品として進呈し非常に話題になりました。

一生納豆定食が食べられるなんて魅力的ですよね。

納豆で、水戸にパワーを。
令和元年、7月10日(納豆の日)。
令和納豆開店

納豆は無限の可能性を秘めている。
世界の食卓に納豆を届けたい。

出典;令和納豆ホームページ

なんだかかっこいい!しかしながら無料で定食を提供することには苦労しているようです。

この面白い取り組みをどう乗り切るのか、とても気になります。

スポンサーリンク

せっかく来たから1番高いものを食べよう。

隠遁生活中の私ですが、せっかく水戸まで来たので贅沢にいきます。

もなか
最高級とは言っても納豆だよね?スーパーなら3パック100円だし、大丈夫でしょ

と油断していたわたくし。

しかし1番高級な「極松セット」はなんと2000円!

令和納豆のメニュー

さすが納豆キングダム!

しかしここまで来て怖気づくような精神力では「隠遁生活」はやっていられません。

ひるまずに極松セットを注文!

令和納豆の極松セット

納豆の量に対するご飯の割合…笑

さすが王様の納豆定食(勝手に命名)、存在感が違います。

令和納豆10種類

美しい納豆さん達。なんと10種類。

 

令和納豆極松セットのトッピング

トッピングだけでご飯いけちゃいそう
 

令和納豆の納豆の種類

全国から集結した、精鋭の納豆さん達。

北海道から九州まで、全国各地の納豆が楽しめます。さらに10種類のトッピングも味わえてとても贅沢。

もなか
…カレーはトッピングなの?

 

それでは本場の味を楽しんでいきます。

納豆ご飯の食べ方

まずは混ぜずにそのまま。粋ですな。

どれもこれも美味しいし、どの納豆にどのトッピングを組み合わせるかを考えるのが非常に楽しいです。

納豆+トッピングが楽しい。わたしが選ぶベスト3はこちら

色々な組み合わせを試しながら、楽しく完食しました。

勝手にベスト3を選んでみます。

第三位 ひきわり納豆+お塩

群馬県前橋市のひきわり納豆

群馬県前橋市のひきわり納豆。

お店にあった納豆専用のお塩で頂きました。納豆にお塩は初体験でしたが、意外と合うんですね。タレや醤油ばかりでは飽きてしまいそうですが、さっぱりした納豆を混ぜるとさらに食が進みます。

第二位 キムチ

令和納豆のキムチ

自家製のキムチ、もっと食べたい。

トッピングの自家製キムチが激うま。納豆に混ぜずにそのまま頂きました。いや、他の納豆もちゃんと美味しかったですよ!

第1位 国産小粒納豆+ブルギニオン風バター

令和納豆の国産小粒納豆とブルギニオン風バター

バターと納豆の素晴らしい相性

こちらは水戸の納豆でした。バターと納豆も初体験でしたが、絶品ですね。お家でもやってみたいくらい。

食べ終えて

お値段は安くはありませんでしたが、私は行ってよかったです。

味はもちろん美味しいのですが、体験に価値がありました。あんなに納豆を楽しむ機会は滅多にないかなと笑

「限りある人生、色々な事を体験したい」と早期セミリタイアしたわたくし。その目的に合っていた体験でした。

今後たくさんの納豆を1回の食事で食べることって、死ぬまでないんじゃないかしら。10種類の納豆をぐるぐるするだけでも面白かったですね。

最後まで読んで下さりありがとうございました、令和納豆さんもありがとうございました。

おまけ ここまでやるのか納豆王国

せっかくなので観光。素敵な湖と甘味処がありました。

黒蜜きなこサンデーの写真

黒蜜きなこ

これは分かる

みたらし納豆サンデーの看板

みたらし納豆サンデー

これは…!さすが納豆王国
おしまい

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事