確定申告は意外と簡単【スマホだけで完結】早期リタイアするなら重要です

今年も確定申告を行いました。

簡単に振り返ってみます^ ^

確定申告のメリット

「少額しか戻らないから、やるだけ時間の無駄だよー」という話をよく聞きますが

  • 税の知識が増える
  • お得な制度を知るきっかけにもなる
  • オンラインで出来て結構簡単
  • 慣れるので年々楽になる
  • 広い視野で考えられるようになり、蓄財が進む
  • 老後のお金のイメージがついて、安心感につながる

と私は考えています 。

年度によっては節税額はが少ない事もありますが、長い目で見れば大きな額となります。

もなか
未経験の方は、ぜひ挑戦されることをおすすめします^ ^
スポンサーリンク

今年実際に行ってみた感想

今年ももちろんインターネットで行います。

自宅から一歩も出ずに完結できるのはとっても助かります。

しかしながら現在は色々な機能の「過渡期」で、去年とは大きく違う点もありましたね。

マイナンバーカードと保険証や証券会社の連携が進んでいるので、今後はさらに簡単になっていくと思います。

今年の自分の確定申告を振り返ってみると

  • 源泉徴収票のカメラ読み取りがとっても便利!スマホカメラで撮影する自動でにゅうりょくしてくれます
  • 医療費のハガキを一部無くしたため入力がちょっと面倒に→ちゃんと管理します、反省笑
  • 医療機関も絞っておくと入力が楽。薬局とかその日の気分で選ぶのをやめます(かかりつけ薬局はメリット多数だし)
  • 今年のデータは来年の確定申告のベースになるので嬉しい。ファイルはマイナポータルアプリからログインして取得できます

といったところでした。

具体的に利用した控除など

ちなみ私は

  • ふるさと納税
  • iDeCo
  • 家族の医療費は収入が高い人がまとめて申告
  • 配当控除
  • 外国税額控除

などを活用して、約7万円程度の節税になりました。

放送大学生だし「勤労学生控除の対象になっちゃうかも…?」と淡い期待を持っておりましたが、給与所得以外に10万円以上の収入があると対象外でした。

そもそもリタイアしてるし「勤労学生」では無いですね、しっかり納税させて頂きます ^ ^

実は納税にも前向きなわたくし

わたしは節税はしっかり行いますが、税を納めることも嫌いじゃないです。

なぜなら

  • 図書館大好き
  • 博物館も年パス会員
  • ごみ収集してもらえて感謝
  • 安全な歩道にも感謝 

など、快適な日本が好きだからです。

許された節税は行いながら、自分に課せられた税は楽しく支払っていこうと思います^ ^

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事